異常さがビジネスをうまくいかせる

こんにちは、森田拓真です。

先日昼食を友人としていたところ、右膝にちょっとした痛みを感じました。

あれ?なんか変だぞ?と思ってはいたのですが、30分もすると、右膝はパンパンに!
もう脚を曲げれないほど痛みがあり、自分では歩けない状態になりました。

休日だったのですが、急遽救急病院にかけこみ調べてもらうと、膝に血が溜まっている状態でした。

その後、MRIやレントゲンなどの撮影もするも原因がわからず1ヶ月たった今でも松葉杖をついている状態です(泣)

松葉杖をつくなんて人生始めての経験なのですが、みんな優しいんですね。

ドアを開けてくれたり、座れる席を案内してくれたり、心配してくれたり、とても注目してもらっている気がします。

この注目って広告を作成する時にもとても重要です。

いくら良い広告を作ったとしても注目されないと読んでもらえないためです。

松葉杖が注目されるのは、普通ではないからです。

つまり、注目されるためにはある種の異常さが必要です。

今回このブログを読んでくださったあなたもタイトルに普通じゃない感を感じたからではないでしょうか。

今日の質問

広告に異常さを追加するならどんなことを追加しますか?

あまたある広告の中から注目されるためには、横並びではなかなか難しいでしょう。ぜひ考えてみてくださいね。

関連記事

  1. 人の心理をついて広告の反応率をあげる方法

  2. 最近、流行りのサブスクリプションって知っていますか?

  3. 広告に反応が無い時の改善法

  4. トレンドを抑えて顧客満足度アップ!

  5. コロナ禍でも好調な飲食店

  6. Youtube動画で自社の商品を売る方法

  7. やらないと損!ちょっとした客単価アップのコツ

  8. お客さんの興味をひく“オノマトペ”。使っていますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA