何とも思っていなかったカフェを一気に好きになった理由

こんにちは、森田です。

あなたもきっと見たことがあると思います。
カフェや飲食店などのお店のトイレに入ると洗面所に横にかけてあるチェックシート。
何日の何時に誰が掃除したのか、記録しているシートです。

これを見たとき、
なんでわざわざお客さんに見えるようにしているのだろうと、
疑問に思っていました。

自分達で管理するのであれば、
お客さんに見えるところに置かなくても
いいと思うんですよ。

もしかしたら、
ちゃんと綺麗にしていますという店側からのメッセージを出して
アピールしているのかもしれない

なんて考えていました。深読みですかね?

チェックシートで気持ちがほっこり

何のために?なんて思っていたチェックシートですが、
先日入ったエクシオールカフェで、
この使い方は良いね!と驚きがありました。

いつものように置いてあるトイレチェックシート
手を洗いながらふと見てみると
ちょっとした工夫がありました。

それが、お客さんに向けたメッセージです。

日時、時間、掃除した方の名前記入欄の横に
ちょっとしたメモスペースがありました。

そのスペースに掃除をした方から、
「今日も一日笑顔で過ごせますように」と
ちょっとしたメッセージが書いてありました。

こんなメッセージが書いてあったら
あなたはどう感じますか?

僕は、このメッセージを読んで、
この店員さんはきっとトイレ掃除をイヤイヤするのではなく、
お客さんが喜んでくれるようにと思って
掃除をしてくれるんだろうなぁなんて
勝手に想像してしまいました。

ただのカフェとしか思っていなかった
お店の印象がガラっと変わる瞬間です。

気遣いのメッセージが世界でも支持されている

こういったふとした温かいメッセージ、
気遣いを受け取った時、
お店やスタッフさんのことが好きになるのだと思います。

事実、スタバが顧客を離さず
世界的に広がっていく理由の一つにも、
紙カップに書いてくれるメッセージが
ポイントなんだと思います。

あとは、店員さんフレンドリーさも
気遣いと言えます。

前スタバに行ったら、「雰囲気がいつもと違いますね」
と話かけられ、覚えられてる!?
なんて、少し恥ずかしさもありましたが
嬉しい体験をしました。

気遣いのメッセージを伝える

お店とお客さん。という関係性で考えると、
伝えるメッセージは商品をアピールするような
売り込みのメッセージばかりになりがちです。

お客さんは何か商品サービスを買いに来ているので
知りたい情報をわかりやすく伝えることは大事なことです。

でも、こういった何か売り込むようなメッセージではなく
気遣いのメッセージを伝えることは、
お店に対して好意的な印象をもってもらえますよね。

接客中など直接話しをするときだけでなく
トイレのチェックシートのように、
お客さんの目に入るところで
ちょっとした気遣いをかける一言など
メッセージを伝える工夫をすると
「ここは、良いお店だなぁ」と
感じます。

気遣いのメッセージを伝える場面がないか
ちょっと考えてはいかがでしょうか。

ありがとうございました。

関連記事

  1. お客さんに〇〇をさせて顧客満足度アップ!

  2. セールスの仕方は大企業から盗め!

  3. 驚愕の保証!永久交換保証ソックスの仕組み

  4. 遠山の金さんは桜吹雪を見せていなかった

  5. 条件付き特典を作る方法

  6. マイナビの学歴フィルターは悪なのか?

  7. 短期間で何人ものお客さんをファン化する方法

  8. トレンドを抑えて顧客満足度アップ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA