もう他店には行かせない!顧客魅了法

こんにちは、三島集客研究所の森田です。

リピーターをもっと増やしたい
毎月新規のお客さんを集めるのが大変

といった悩みをもっている方に
ぜひ取り入れていただきたい
施策について紹介します。

コレを意識してもらえると
お客さんに信頼してもらえるようになるので
競合他社に行ってしまうことを
防ぐことができますよ!

==============

先日、水を飲むと
ズキっ!と、
右下の奥歯が痛みました。

歯医者には、
半月の定期検診と
クリーニングに通い続け

ちゃんと磨けていますね
と歯科衛生士さんから
お墨付きをもらった僕ですが、
まさかの虫歯にかかりました。

しっかり磨けていると言われたのに
ショック!っとなりましたが、
放置していたらさらに悪くなると思い
早速、治療の予約をとりました。

歯医者当日。予想外の結果に

虫歯の治療は痛いだろうから
出来れば行きたくないなんて
思いながら当日を迎えました。

早速、席に座り、虫歯を見てもらうと

「虫歯じゃなくて、知覚過敏ですね。」
と予想外の診断結果を伝えられました。

知覚過敏になった原因は、強く磨きすぎ

知覚過敏の原因を聞くと、
強く磨きすぎとのこと。

これからは、もっと優しく磨きましょうとアドバイスをもらいました。

僕は完全に虫歯だと思っていたので
もっと、しっかり磨かなければと考えていました。

今回は、早めに処置に行きましたが
昔の僕だったら、歯医者に行くのが面倒で
もっと痛みが出てくるまで行かなかったでしょう。

そして、虫歯にならないようにと
今よりももっと強く磨いていたと思います。

そうなれば、今よりも症状が重くなったり
他の歯も痛めてしまう可能性もあるわけです

つまり、本人は良くしようと思っているのに
むしろ悪化させていく

そんな悲惨な状態になっていたはずです!

治療して痛みが無くなることは嬉しいですが
何よりも間違った方向に行かなくて済んだことが
良かったと感じる体験
でした。

お客さんの信頼を得るためには

あなたのお客さんの中にも
僕と同じように
良かれと思ってやっていることが

むしろ状況を悪化させているなんてことが
起きていませんか。

例えば、美容室

髪にいくらトリートメントをしても
普段の生活で痛めてしまうようなことを
し続けていたら
いつまでたってもお客さんの髪質は
改善できないできません。

また、整体院

身体のコリを解消したとしても
姿勢やクセが悪ければいつまでたっても
身体の不調は回復しませんよね。

お客さんの間違いに気づかせてあげて
正しい方向に導いてあげる

そんなことができれば
お客さんの信頼を得ることができますよね。

お客さんの間違いに気づくためには
カウンセリングが大切です。

カウンセリングを通して
普段の間違いに気づいてもらい
解決することができれば

単に商品サービスを提供するだけの競合よりも
あなたへの信頼はグッと高まります

ぜひ、カウンセリングが
しっかり行えているか
見直してみてください。

関連記事

  1. 大切なことは何度でも伝えなければいけない

  2. リピーターを増やすために忘れてはいけないこととは?

  3. 条件付き特典を作る方法

  4. あなたから買いたいと言われるためには?

  5. 差別化の一歩。商品サービスでは生み出せない価値

  6. 理想のお客さんだけを集客する方法

  7. マイナビの学歴フィルターは悪なのか?

  8. 田舎の天文台が満車になる秘密

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA