チラシやDMで反応がないのは、内容の問題じゃないかも?

こんにちは。
三島集客研究所の森田です。

日々、どうしたら商品サービスの素晴らしさが伝わるのか
チラシを書く時には悩まれて文章やレイアウトを考えていると思います。

従業員さんの意見も取り入れ、ついに完成。
祈る思いで出したのに、反応は少しだけ・・・

内容もレイアウトも最高なのに、なぜ・・・?

と、
もし悩まれているのであれば、
これからお話する4つの点が
抜けていないかチェックしてみて下さい。

タイトルにも書きましたが、
内容が問題ではないとすれば
何が問題だと思いますか?

アメリカで紳士服業界で広告をヒットさせ
他業種のコンサルタントなどで成功している
ビルクレイザー

彼は、広告を打つ時の4つのポイントを
紹介しています。

その4つとは

・見た目が他のものと全然違う
・期限付きで具体的なオファー
・個人的な内容
・楽しい

です。

1.見た目が他のものと全然違う

「広告は無料でも読まない」
といった言葉があります。
まず、第一に出した広告のほとんど読まれません。

どれだけ良い内容を書いたとしても
読まれなければ意味ありませんよね。

ビルグレイザーの出した広告で有名なものは、
コーヒー染みのついたマット風なデザインのチラシ
黄色いメモ用紙に手書きで書いたものを印刷したチラシ
などがあります。

周りの広告が綺麗にレイアウトされたチラシの中で
上の二つのものが混じっていたら、
あれ?なんか変なのが混じっている?
と目に止めてしまうと思いませんか。

見た目だけではなく、紙質を変えてみると
いった他の広告と違うことをすると
読まれる可能性は高まります。

あなたの広告は他のチラシと同じように
なっていませんか?

2.期限付きで具体的なオファー

人はとても忘れっぽい生き物です。
昨日の昼ごはんもパッと出でこないでしょう。

なので、チラシを読んでいいなと思われても
そのうち行こうと思われたら、もうおしまいです。
1時間後には、行こうと思った気持ちもなくなってしまっている
かもしれません。

そこで大切なのは、期限です。
期限を決めることで、だったらいつに行こうかと
忘れずに予定を組んでもらえるようになるでしょう。

具体的という点も大事ですね。
予約したら良いのか?チラシを持っていけばいいのか?
何をしたら良いのかが明確であれば
読んだ人が考えなくていいので、目的の行動をしてくれます。
どうしたらいいかよくわからんっと思われたら
欲しい気持ちもなくなってしまいます。

3.個人的な内容

メールなんかで、「〇〇の皆さんへ」
みたいな文章って良くあると思うのですが、
これだと振り向いてもらえないんです。

想像みて欲しいんですが、
町を歩いていて「皆さん!」
と呼ばれても振り向きもしませんよね。

でも、名前を呼ばれたらどうでしょうか。
僕なら知らない人であっても
「森田さん」
と呼ばれれば、振り返ります。

実際に、僕が大学の時にサークルで、行事の出席をグループ全体にメールを送って
連絡していた時に、ものすごく反応が悪かったのを記憶しています。
全然連絡が帰ってきません。

個人に同じ内容を連絡するとちゃんと返答がありましたね。
みんなに向けて書くと反応が落ちます。

チラシでは、さすがに名前までは呼べないので
せめて「あなた」と呼びかけましょう。

4.楽しい

広告は無料でも読みたくないものです。

でも、そんな広告を読みたいと思ってもらえるようにするのが
楽しさです。

ビルグレイザーの作った広告にはマット風や手書き以外にも
旅行先からのポストカードみたいなのもあります。
こんな変わった広告があると、次はどんなアイディアで
広告が送られてくるのか、楽しみではありませんか?

見た目やアイディアの楽しさだけではなく
例えばいつもあなたの近況報告などのせてみるだけでも
楽しく思ってもらえるかもしれません。

顧客が読むのが待ち遠しいと思ってくれれば
読んでもらえる可能性はかなり高くなります。

以上4点です。

今まで出してきたチラシやDMで
抜けている点はありましたか?

この4点を意識して内容は広告が作れれば
内容がそのままでも
反応をよりあげられると思いますよ。

関連記事

  1. この集客のアイディアをパクれますか?

  2. 差別化の一歩。商品サービスでは生み出せない価値

  3. 【効果を最大化】SNSに投稿する最適な時間帯とは?

  4. 驚愕の保証!永久交換保証ソックスの仕組み

  5. 大量のお客さんを集客するために、狙う顧客層はココだ!

  6. 広告やPOPの表現方法をちょっと増やして、反応率を2,3倍にあげる方法…

  7. 絶対やったほうが良い。高額商品のススメ

  8. お金と時間を失い、疲労を得た

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA