よくある広告文。これって興味ある?

こんにちは、三島集客研究所の森田です。

最近、話を聞いていて、結構衝撃を受けたことがありました。

それは、よく見る広告文であまり気にをしていなかったのですが
言われてみれば、確かにそうだな。。。ってことでした。

その広告文がこれです

「お陰様で創業〇〇周年」

ってやつです。

世の中では、いたるところでやられている
このキャンペーン。

これを見た時のお客さんの気持ちは
何が安くなるのかなぁ。お買い得なものはどれ?
みたいな気持ちです。

さらに深掘りして言うと
あなたが何周年なんかは関係は無い
安いものをさっさと教えてよっていう状態です。

それで、良いんだよ。
安い物を紹介して
お客さんに喜んでもらうんだ

と、あなたが思うならそれでも良いと思います。

でも、もし安売りをしたくない
とあなたが思うなら

この〇〇周年というアイディアを
ちょっと視点を変えてみて
お客さんに驚きと喜びを届ける方法
があったのでお伝えしようと思います。

お客さんに驚きと喜びを届ける方法

それは、

来店から〇〇周年

といったアイディアです。

例えば、
あなたにパートナーがいて
結婚記念日、誕生日をお祝いするなら
何となく当たり前みたいに思われるかもしれません。

でも、実は、今日はお付き合いを始めた記念日
とか言ってプレゼントを渡したら驚きませんか?
(やる方はこっ恥ずかしいですが、やられた方は嬉しいですよね)

きっと、そんなことまで覚えていてくれたの?
と喜んでもらえると思います。

同様にあなたのお客さんも

今日は〇〇さんがご利用してくれてから1周年の記念日です。
ご利用頂きありがとうございます。
お祝いのプレゼントです。良かったら使って下さい。

なんてきたら、当然同じ様に
そんなことまで覚えてくれていたの!
と驚いて嬉しく思われるはずです。
そして、喜んで来店してくれるでしょう。

自社の話をするよりお客さんにとってどうなのか?という
視点で考えることでより良い関係性を
つくることができます。

ぜひ、そんな視点で広告を考えてみると
お客さんとの良い関係性を築きながら
集客することができますよ。

関連記事

  1. 商品を売ったあとにやるべき5つのアクション

  2. 高額な商品を購入するお客さんの集客方法

  3. 使いやすいのに強力! 集客数を増やすキャッチコピーのアイディア

  4. 理想のお客さんだけを集客する方法

  5. 田舎の天文台が満車になる秘密

  6. 差別化の一歩。商品サービスでは生み出せない価値

  7. 顧客を惹きつけるマインド

  8. かけた広告費以上の効果を出すには?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA