使いやすいのに強力! 集客数を増やすキャッチコピーのアイディア

こんにちは、三島集客研究所の森田です。

今回は、集客数を増やすための
キャッチコピーのアイディアを
一つ紹介します。

このアイディアを使えば
これまで以上に
チラシやDM、ネット広告で
反応をとることができますよ。

広告が反応が出ない一番理由とは?

広告で反応がない一番の理由は
何だと思いますか?

それは、
「読まれない」
ということです。

読まれなければ、いくら良い内容が
書かれていたとしても
意味が無いですよね。

なので、広告で最も大切なことは
読まれるということです。

広告に限らず
ブログやSNSなどに
情報発信をしているなら
このポイントを忘れてはいけません。

読むか、読まないか
その分かれ道で
活躍するのがキャッチコピーです。

目を釘付けにするキャッチコピー

では、どうやれば読まれる
キャッチコピーが作れるのか
たくさんのテクニックがありますが
今回は一つだけお伝えします。

これだけ意識してみてください。

それは、
「読み手の思い込みを覆す」

ということです。

先日、ネットで調べ物をしていた時のことです。
何気なく僕の目に飛び込んできた言葉が
「男性でも乳がんになります」
という言葉でした。

これを読んだ時に
え!マジで!?
っとなり、

調べ物をそっちのけで
その記事をクリック。
記事を読んでしまいました。

あなたは男性でも乳がんになるって
ご存知でしたか?

僕は勝手に、女性しかならないものだと
思っていたので、この事実には
驚きました。

しっかりどんな症状になったら
発症したかどうかわかる方法まで
調べてしまいました^^;

こういった思い込みを覆されると
ついつい読んでしまいます。

他にも例えば
ブルーベリーが目に良いは嘘!

と聞いたらいかがでしょうか。

きっと、多くの方が
えっ!
ってなりますよね。

実は、ブルーベリーが目に良いという
医学的に十分な根拠は無いとのことです。

ルーツをたどると
暗がりでもよく目がみえる
イギリス軍のパイロットが
ブルーベリージャムを毎日パンに
つけて食べていたという
逸話かららしいです。

そんな理由からかよ!
って驚きました。

このように、
読み手が思い込んでいること
(実は、その多くが勝手に思い込んでいる)
を覆すような事を
キャッチコピーに
使うことができれば
読んでもらえる可能性を
飛躍的に高めることができます。

思い込みを探すにはどうしたら良いのか

これは、あなたがお客さんとのやりとりを
思い出してみてください。

間違ったこと言っているんだよな
と思うことがあると思います。

そこにヒントが隠されています。

それを広告に使ってもらえれば
集客数を増やすこともできますし

ブログやSNSの投稿に使ってもらえれば
読んでもらえる可能性を高めることもできます。

他にもキャッチコピーのテクニックは
たくさんありますが、まずは、
「お客さんの常識を覆す」
ことができないか考えてみてください。
強力ですよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 田舎の天文台が満車になる秘密

  2. 人の心理をついて広告の反応率をあげる方法

  3. この1本のペン、あなたはどう売りますか?

  4. お金と時間を失い、疲労を得た

  5. 条件付き特典を作る方法

  6. かけた広告費以上の効果を出すには?

  7. チラシやDMで反応がないのは、内容の問題じゃないかも?

  8. コロナ禍での変化。この流れに取り残されるな

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA