こんな方法で売上あげるのはズルいですか?

こんにちは、三島集客研究所の森田です

今回は、ちょっと売上をあげる方法としては
裏技のようなやり方についてお伝えします。

この方法を使えば
大した労力や費用をかえずに
月の売上がドカンっと増える可能性があるので
ぜひ試して欲しい方法です。

その方法は、超高額な商品を売ろう!
ということです。

どういうことかというと
今扱っている商品に加えて
大幅に高い金額の商品を作る
ということです。

先日、東京のクライアントのところに
向かっている最中に
驚きのPOPが目に飛び込んで来ました。

それが

豚の丸焼き 40,000円!

というPOPです。

この商品を見てどう思いますか?
高くてこんなの自分は頼まないだろうな
と思ったかもしれません。

このPOPを出していた
飲食店さんは、ランチ1200円ほどの
ごく一般的な飲食店さんです。

実際、豚の丸焼きが売れているかは
正直わかりませんが、
注文は入っているんじゃないかな
と思いました。

というのも、こういったお店のメニューよりも
全然金額の違う超高額商品って
ある一定数売れるからです。

ホテイの超巨大な焼き鳥缶

たとえば、
スーパーに売っている
ホテイの焼き鳥の缶詰をご存知でしょうか。
静岡に住んでいる方なら
ホテイの焼き鳥〜♪と
CMが頭に流れてくるレベルで
馴染みのある缶詰ですね。

このホテイの焼き鳥缶の
通常サイズは75gなのですが、
1750gという超特大の焼き鳥缶を
販売しています。

もともと業務用だったそうですが
一般市場に出しても、売れているようです。
興味本位で買う人やパーティ使用で買う人が
いるんですね。

日用品のカタログの中にJEEP

また、海外の事例では
日用品を販売するカタログに、
ジープを乗せておくそうです。

1個数百円の日用品の中に
数百万円のするような
車が売れるはずがないと
思いますが

実際に数台売れたとのこと。
それも何度も定期的にです。

数台売れたということは
1000万円は追加の売上が
あがったということでしょう。

売上以外にこんな効果も

このように、そんな需要あるの?
と思われるような高額商品でも
お客様の中には
購入する人がいます。

超高額商品を入れておくと
メインの売上にはならなくても
売れればドカンと売上があがりますよね。

あなたの商品構成に無いのであれば
作ってみることをオススメします。

ただし、そんなにたくさん売れるものではないので
廃棄リスクなどが考えられるような
商品は避けておきましょう。

まずは、価格設定として5倍くらいのものを
考えてみてはいかがでしょうか。
もちろん、価値は価格以上のものに
してください。

また、売上があがるということに加えて
広告としても副次的な効果も期待できます。

ホテイの焼き鳥缶は
ネットニュースでも何度も取り上げられて
いますからね。

こういった思い切った他には無い商品は
メディア向けにも良いです。

また、インスタやFBなどでの拡散性も
高いです。

売上もあがり、広告としても活躍する
超高額商品。

超高額商品は、
仮に売れなかったとしても
今と変わらない売上

売れたら大幅な売上アップ

マイナスが無く
プラスの効果しかありません

今すぐやらないと損です。

せっかくここまで読んでくださったので
ぜひ取り入れてみてください。

ありがとうございました。

関連記事

  1. この集客のアイディアをパクれますか?

  2. 非売品の酒に冷めた理由

  3. 広告やPOPの表現方法をちょっと増やして、反応率を2,3倍にあげる方法…

  4. 異常さがビジネスをうまくいかせる

  5. 知らない間にポイント2倍事件

  6. あなたから買いたいと言われるためには?

  7. 遠山の金さんは桜吹雪を見せていなかった

  8. お宝マップを作る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA