テレビに出ました!でも、、、

こんにちは、森田拓真です。

とあるクライアントのプロモーションの一環で、テレビ取材をセッティングしました。そこでちょこっとだけ、出演させていただき、地上波に映ることに成功です(笑)

と、僕がテレビに出たことをお伝えしたいのではなくて、むしろ失敗談としてシェアしたいことがあります。

テレビでお店が紹介したことで、すぐに数十万の売上がたち、その後のセールでも売上がたったのは良かったんですが、、、

いつもしっかり反応のとれていたDMの反応がイマイチでした。

DMは見込みのあるお客さんに送っているので、費用対効果はの6倍以上は期待できるのですが、今回は全然そこまで達せず

テレビに取材されたある商材のことをお店で体験できますよ!と宣伝したのですが、心には引っかからなかったようです。

読み違いをしました。テレビに出たといえば、興味をもって来店してくれると思ったのですが。。。

その商材は、店舗で体験してくれた人の反応はとても良かったので、いけるだろうと思ったのですが甘かったです。

テレビに出たということに興味をもってDMを見てくれたとは思います。ただ、じゃあお店に行こうとは思ってもらえなかったと推測しています。

よしこいの壁

広告には、よしこいの壁というのがあります。

よ-読まない
し-信じない
こ-行動しない
い-今すぐ動かない

です。

この壁を一つずつ超えていってもらうことでお客さんに行動(購入や来店)してもらえます。

今回のテレビ取材は、読まない、信じないの2つの壁しか超えられなかったのだなと考えられます。

行動するメリットが小さかったということですね。

一つ学びと経験を得られました。

今日の質問

あなたのメッセージは、よしこいの壁を超えていますか?

よしこいの壁は、僕にとってなかなかの金額を投資して知った概念です。ぜひ活用してみてくださいね。

関連記事

  1. 異常さがビジネスをうまくいかせる

  2. チラシで効果がなかったあなた。これ忘れてませんか?

  3. 商品を売ったあとにやるべき5つのアクション

  4. 高額な商品を購入するお客さんの集客方法

  5. 己を捨てろ

  6. 成果をうみだす三角形

  7. 絶対やったほうが良い。高額商品のススメ

  8. 2億以上集めたキンコン西野が言うネットで大切なこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA