【効果を最大化】SNSに投稿する最適な時間帯とは?

こんにちは、三島集客研究所の森田です。

あなたは、フェイスブックやインスタグラムといったSNSのツールを使っていますか?

無料で使えるし、投稿への文章量も少なくて良いので、
手軽に発信できる良いツールですよね。

また、ブログであれば、お客さんに検索してもらって
ホームページに訪問してもらわなければ見てもらえませんが

SNSであればお客さんが友人の近況なんかを何気なく見ている、
日常に飛び込んでコミニュケーションをとることができます。

ただ一方で、SNS活用には注意することがあります。

それは、表示の問題です。

SNSでは基本的に、新しい情報がどんどん上位に表示され、
古い情報は表示されなくなっていきます。

つまり、お客さんが開いた時にあなたの投稿した情報が、
他の人が投稿した情報より古い情報である場合、表示がされなくなってしまう可能性があるということです。

どれだけ良い文章、画像を投稿したとしても、見られなければ意味がありませんよね。

他の投稿に埋もれないためにどうしたら良いのか?

あなたの投稿を見てもらうためには、
お客さんがスマホを見るタイミングで
投稿する
ということが大切です。

今回は、お客さんのスマホを見るタイミングについて、
調査結果がありましたのでシェアします。

この結果を踏まえて最適な時間帯に投稿すれば、
今よりも高い成果を出すことができますよ!

お客さんがスマホを見る時間帯は?

出典元:https://lab.appa.pe/2019-07/instagram-timeactive2019.html

これは、2019年6月のインスタアプリの利用率の時間帯、曜日別の表です。
赤色がよく見られている、緑色があまり見られていない時間帯です。

では、いつ投稿すれば良いのか。ポイントを見てみましょう

まず、午前7時〜8時の間

通勤・通学の時間帯ですね。電車やバスなどの公共期間で移動する人が見ているようですね。

休日は平日に比べて低くなっていますが、同様に7時頃から増加しています。起床時間に合わせてスマホをチェックしているようです。。

次に12時〜13時の間

ここはお昼の休憩中ですね。午前中の仕事を終えて一息ついているタイミングで確認しているようです。

そして、17時〜19時の間

ここは、帰宅時間にあたります。午前中の通勤・通学同様、電車などの車内で見ているのでしょう。

ピークタイムは、20時〜24時

一日の中で最もインスタが見られている時間帯がこの時間帯です。一日の仕事も終えて家でゆっくりしている時ですね。寝るまでの時間が狙い目のようです。

今回はインスタを使用している人が対象のデータです。

とはいえ、スマホに触れている時間帯とも言えるので、フェイスブックを使用している人であってもほとんど変わらない結果になるでしょう。

投稿は、20時〜24時の間に行うのがベスト

もしあなたがSNSを効果的に使いたいのであれば、
20時〜24時に投稿がベストです。

他にもインスタを見る時間帯は出勤、お昼休み、退勤の時もありますが、
おそらくこの時間帯は、乗り換えやご飯を食べていることもあり、
流し読みをしていると思われます。

なので、見られているといえど、
夜の時間帯に比べて投稿への印象は薄くなっているはずです。

投稿は、20時以降にすることをオススメします。

ただ、そんな時間に働いていないから
投稿は無理と思わたかもしれません。

そんな時は、フェイスブック、インスタグラムには
予約投稿できるアプリがあります。

アプリを使ってもらえれば、予約投稿できるので、
ピークの時間帯を狙って投稿できますよ。

せっかく書いた文章や画像であれば、
効果的に使ってみてくださいね。

ちなみに。僕もクライアントのインスタ投稿は
21時頃に行っています。

関連記事

  1. 高額な商品を購入するお客さんの集客方法

  2. 異常さがビジネスをうまくいかせる

  3. 己を捨てろ

  4. お客さんの興味をひく“オノマトペ”。使っていますか?

  5. ジャニさんから学ぶ売上を伸ばす魔法の言葉

  6. 内容が良くてもダメなPOP

  7. コロナ禍でも好調な飲食店

  8. 理想のお客さんだけを集客する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA