価格差で負けないために

こんにちは、森田です。

商品やサービスを販売する際に、相見積もりや業界の相場で比較される時に嫌な思いをしたことはありますか?

あなたが地元でシェアNO.1!とかではない限り、きっと多くの方が体験されたことがあると思います。

今回は、他社がたとえ自分のところよりも価格が安かったとしても、自社を選んでもらうようにするためにどうすれば良いか

紹介します。

がん保険は必要か?

先日、保険会社の社長さんと話をしていた時に、がん保険の話となりました。

一応、僕はがん保険に入っていて、先進医療特約という保険適用外の治療であっても治療費を負担してくれる保険に入っています。

親の紹介で言われるままに入った保険だったのですが、ネットでいろいろと調べたり、人の話を聞いていると医療保険、がん保険は必要ないという話をちらほら聞くようになりました。

その理由は、高額医療制度

です。

細かい制度内容は省きますが、薬も手術代も一定の額以上は国が保証してくれる制度です。

がんの治療は高額なイメージがあったので、お金がなくて治療が受けられず死ぬってのは嫌だと思って保険に入っていましたが、最悪、国が保証してくれるなら、がん保険は解約しても良いんじゃない?と、保険不要者の主張を僕も思うようになっていました。

しかし、今回保険の話を聞いてやっぱりがん保険はそのまま入っておこうと思ったのです。

というのも、先端医療はとても治療がラクと聞いたためです。

保険適応外の先進医療であれば、放射線をがんに当てるだけで痛くも辛くもなくて、日帰りで治療ができるということでした。

がんのステージによると思いますが、たとえお金があまりかからなかったとしても、治療がラクになるのであればやっぱり入っておこうと。日本人の半分の人はがんになるということなので。

背景を伝えてその人にとっての価値を理解してもらう

先端医療の保険を解約しようとしたの気持ちを切り替えたのも、先端医療が自分にとっての良さがわかったためです。

ふりかえってみると、最初の基準はガンになったときの治療ができるかどうかの“お金”の問題でした。

高額医療制度を使えば、“お金”の問題は解決できるから、だったら保険は必要ないという考えです。

ですが、お金に加えて、快適・ラクという価値基準を雑談の中から加わりました。

なので、

もしあなたが、素材へのこだわり、製造のこだわり、丁寧な仕事ぶりなど、良い商品サービスを提供しようと他店には負けないこだわりがあるなら

ぜひ、そのこだわりを表現し、相手のメリットになるように、新しい価値基準が加わるように、伝えてみてくださいね。

あなたの商品サービスの価値は伝わっていますか。

関連記事

  1. セールス、商談で忘れてはいけないこと

  2. 遠山の金さんは桜吹雪を見せていなかった

  3. 理想のお客さんだけを集客する方法

  4. この市場をみすみす逃しますか?

  5. 商品の良さを伝える営業スタイルは駄目?

  6. マイナビの学歴フィルターは悪なのか?

  7. お金を無駄にする行為

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA